みやの消化器内科クリニック

〒560-0005 大阪府豊中市西緑丘3-14-8
MENU
WEB予約はこちら

ブログ

Blog

帯状疱疹

こんにちは。今回は今話題の帯状疱疹についてです。

そもそも帯状疱疹とは子供のときに感染する水ぼうそうのウイルスが原因で起こります。水ぼうそうにかかった後に体内にウイルスが潜伏しており、過労やストレスで免疫力が低下したときに帯状疱疹として発症します。80歳までに約3人に1人が発症するようです。意外と多いですよね。

体の一部にピリピリとした痛みが表れて、その部分に赤い膨隆した発疹が出現します。痛みは強く激しい場合もあり、多くは上半身にできますが、顔や目、頭にできることもあります。皮膚症状が治った後も痛みが長期にわたって残ることもあります。(帯状疱疹後神経痛)

帯状疱疹に対しては最近、予防効果の高いワクチンがでてきており、CMでも宣伝されているようです。

ワクチンは当院でも取り扱いしていこうと思っています。適応は50歳以上の方です。ただ難点は2回接種であること、副反応が多い(痛み、赤み・腫れ、筋肉痛、発熱など)、高額(全額自費となります)などが挙げられます。

ご興味のある方は当院までお問い合わせください。

 

 

豊中市西緑丘3丁目14ー8

みやの消化器内科クリニック

院長 宮野 正人